2013年7月2日火曜日

著作権フリーと電子書籍化のメリット、Kindle で吉川三国志6巻セットが950円、新潮は吉川三国志全10巻を新発売

このエントリーをはてなブックマークに追加    



電子書籍 Kindle で、吉川英治「三国志」全6巻セット(講談社)の販売が開始されていました。


吉川英治の「三国志」全6巻セットが、Amazonの電子書籍サービス Kindle で『三国志全一冊合本版』として 950円で販売されています。

吉川英治の没後50年による著作権フリー化を受けての電子書籍化だと思われますが、常に iPhone や iPad などで読めるのは大きいですね。また著作権フリーによる恩恵で、これまでなら講談社文庫1冊 ¥980 x6巻 = ¥5,880 が 1巻分の値段で。

  


新潮から吉川三国志が全10巻で新発売?

4101154511 410115452X
» 吉川英治『三国志(一) 桃園の巻』|新潮社

著作権フリー化なのに新発売する目論見は。上記サイトによると「物語地図など充実した附録、読みやすい大活字、長野剛の描きおろしカバーなど、魅力たっぷりに生まれ変わる!」ということ。

たしかに初めてだと、州や城の名前などが馴染みにくいので、これから吉川三国志を読み始める・揃え始める人にはメリットがありそうです。


電子書籍化と著作権フリー化。この合わせ技で優れた名作が掘り起こされるのはいいことだと思います。 

 
* 吉川英治の「宮本武蔵」も


電子書籍に関する記事

RetinaディスプレイのiPadで電子書籍を読んでみたり、自炊して分かったこと | トブ iPhone


ついに出た紀伊國屋の電子書籍アプリ「Kinoppy for Mac」を試してみた感想など | トブ iPhone


過去の記事一覧