2014年12月28日日曜日

横須賀美術館:中にいても海がみえる美術館に行ってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加    



先日、横須賀美術館に行ってきました。当日は鎌倉でレンタカーを借り横須賀へ。

まず到着して圧倒されたのが海岸沿いのロケーションをいかした立地。美術館前には広々とした「海の広場」が。

建物側からは海が一面に望めます。小さな子どもが走り回っていたり。とにかく開放感があって気持ちいい。

エントランスは写真の右側。眺めのよいレストランとミュージアムショップ


海・道路側に「海の広場」、裏手は「山の広場」。


裏手の「山の広場」へ
山の広場」は3階・屋上相当の高さに。

ここからも海が一望できて心地良い。

開館は2007年、建築設計は山本理顕設計工場。特徴としてガラスで覆われているのは塩風を防ぐためだとか。


美術館の内へ
2階から1階入口あたりを写したところ。美術館内では特定の場所でのみ撮影が許可されています。

天井や壁面には沢山の丸い穴。自然光を取り込んだり、場所によって水平線がみえる高さになってたり。

1階から屋上へ続くらせん階段。広くはないもののオープンな階段を昇降することで、より美術館の空間を感じることができます。


2Fにある併設の図書室。美術雑誌や各美術館の展覧会カタログなど。
» 図書室:横須賀美術館


図書室からみた風景。本館横には『谷内六郎館』が。『週刊新潮』の表紙絵などで有名、ストーリー性のある素朴なタッチに癒されます。


横須賀美術館
所在地 : 神奈川県横須賀市鴨居4-1 » Google Map
開館時間: 10時-18時 (屋上広場 9~19時)
休館日 : 毎月第1月曜日(ただし祝日は開館)、12/29~1/3
公式サイト: http://www.yokosuka-moa.jp/


さて、この後は夕日のみえる美術館に移動しました。次の記事に続きます。



神奈川県立近代美術館・葉山館:海に沈む夕日と富士山が望める風光明媚な美術館に行ってきた | トブ iPhone






過去の記事一覧