2010年1月27日水曜日

アップル初心者でも分かるAppleイベントの楽しみ方(予備知識やURLなどのまとめ)

このエントリーをはてなブックマークに追加    



米アップルが現地時間1月27日にイベントを行います。
日本時間 1月28日 深夜3:00と残すところ12時間を切りました。これまでの経験からイベント初心者にも分かるまとめを。


アップル・イベントの予備知識と流れ

アップルは 1月のMacworld、7月頃のWWDC、他に年2, 3回ほどスペシャル・イベントを行い、新製品やサービスを発表しています。今年からMacworldへの参加をアップルが中止した事で、実質今回の発表がMacworldの基調講演に相当するのかも知れません。

今回のイベントでは、iPhoneOSの更新、タブレット型デバイスの発表されることが濃厚です。オープニングに10分、iPhone OSに50分、新型デバイスに30分 くらいの配分でしょうか。途中でiPhoneアプリのデモ(特に3rdパーティのゲームなど)が入るともっと時間が掛かるかも知れません。また日本時間21:00ごろに Apple Store が「 We'll be back soon.」となり発売される国のApple Storeがメンテナンス中となります。



イベントを生で楽しむ方法

残念ながら公式のLive配信はありません。ただしTwitterやUstの普及により、例年以上に楽しめる環境になってきてると思います。

1) 大手ウェブサイトより画像付きの配信など(更新中)
  ・Gizmodo Liveblog
  ・Macworld | Live Update: Apple Event
  ・iLounge
  ・速報:アップル "latest creation"イベント (engadget日本版)
  ・アップルスペシャルイベント更新予定地 : Gizmodo Japan
  ・

2) Twitter
  ・@macwebcaster ・・・ 午前3時から通訳 Tweetの予定
  ・@nobi ・・・ ご存じ現地入りのジャーナリスト 林信行さん
  ・@tobu ・・・ 私も最新のURLなどをtweetします

3) Ustream など
  ・ワンボタンの声 ・・・ 2:30頃よりUst予定。@Yamamura さんをフォロー
  
  お店に集まってのイベントなど(現時点で東京のみ)

   こちらからもUstreamが準備されているようです
  ・Appleタブレットナイト (via @takuma104, @norio) #twtvite
  ・Appleタブレット朝まで討論会! (via @knnkanda) #twtvite



イベント後の楽しみ方

細かい仕様やオプションが明らかになるのは、Webサイト更新されるイベント終了後。米国のApple.com が最速となります。またPR動画やチュートリアルも同時に配信されると思います。その後、日本発売予定ならば日本のアップル・サイト。日本のApple Storeの更新も。


イベント終了後、数時間でウェブサイトでの動画配信が始まります。過去のイベントのようにアップルのトップページにリンクが張られるでしょう。また半日ほどで、Podcast「Apple Keynotesicon」でも動画配信が始まり iPhoneやiPodでの視聴が可能となります。ただし英語です。


また28日夜には、macwebcaster.comさんが QuickTimeムービー対応の同時通訳を配信予定とのこと。

過去の記事一覧