2012年6月22日金曜日

MacBook Pro Retinaディスプレイを2880x1800そのままで使ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加    



MacBook Pro Retinaモデルで、Mac Rumorsが紹介していた「Change Resolution」を使って、2,880x1800の最大解像度を試してみました。

本来、MacBook Pro Retinaディスプレイモデルの解像度は2,880x1,800です。しかし前の記事のように、推定解像度1,920x1,200までのサポートで留めることで、より滑らかな文字を表示しています。


そして従来Macと同様に2,880x1,800で表示すると次のようになりました。

「ひ、広い!」(シマウマ談)

兎に角広い。15"モニタにブラウザが3枚入ってしまう広さ。流石にこのままでは小さすぎるのですが、何か巧い活用法がありませんかね。。。

ちなみに解像度を戻す場合は、環境設定>カラーLCD から戻せましたよ。


via.
Running the Retina MacBook Pro at Full 2880x1800 Resolution - Mac Rumors


MacBook Pro Retinaディスプレイモデル関連記事

MacBook Pro Retinaディスプレイモデルが届いた(開封・比較・移行編)




Retina Macのディスプレイ解像度とアプリのRetina対応・非対応

過去の記事一覧