2013年2月9日土曜日

車用の地図付きGPSレーダー探知機の新調とアップルマニアによるデザイン考察(ユピテル『GWR70sd』)

このエントリーをはてなブックマークに追加    



どうも。トブ(@tobu1)です。

昨年は Bluetooth接続+AUXデバイス購入記事を書きました。今回は『GPSレーダー探知機』新調です。

これまで使っていたのはトップ画像左『ユピテル S400si』(2008年)。


買ったのは同じくユピテル『GWR70sd』。「公開取締り情報のリアルタイム表示」などが特徴で、3.2"液晶の地図表示タイプ。昨2月発売が安くなってたので購入。

地図表示タイプを一月使っ
初めての地図表示タイプですが、地図以外にも、ループコイルなどの設置写真、自車位置の住所表示が便利ですね。

遠出するときに現在の地名や、これまで気付かなかったお店や施設などがあることが分かるようになりました。



GPSレーダー探知機には詳しくないのですが、簡易ナビ代わりにもなり非常に便利です。

下動画は2011年6月発売のモデルのデモ動画です。実際、設定で必要ない警告をほとんどオフにするのでこんなに五月蠅くはないのですが。




アップル製品マニアの視点
さてアップル製品マニアの視点から新旧GPSレーダー探知機をみてみました。

左が旧型で、右が新しい。
手前が旧。奥が新。

何かに似てる。。で、気付いたのですけど、


『Macintosh Portable』と『iMac』に似てるんですよね。

驚愕!GPSレーダー探知機のデザインにもアップル製品のデザインの影響が!!
似てるなと思ったので報告まで。

車載ハンズフリー通話も可能なBluetooth接続+AUXデバイス『AirCast Bluetooh トランスミッター』が非常に便利! | トブ iPhone





過去の記事一覧