2013年4月25日木曜日

米アップルが初めての社債発行、資本変換プログラムと1450億ドルの手元キャッシュ

このエントリーをはてなブックマークに追加    


米アップルが、初めての社債発行を行うと WSJ.comSankeiBiz が伝えています。

23日の決算で自社株買いなどの資本返還プログラムを発表しましたが、その資金として調達されるようです。1450億ドルもの現金を持っているのにどうして社債を発行するのか。


CFO(最高財務責任者)のピーター・オッペンハイマー氏は次のように語ったとWSJ.comにあります。
「われわれは海外で大変な利益を上げており、これを本国へ還流させれば、現行の米国税法では多額の税金の支払いが必要となる。社債をわが社の財務構造の一部に取り込むことは、複数の利点がある。低利の資本へのアクセスや資金調達コストの低下、わが社の大変健全なバランスシートに効率的にレバレッジを効かせ られる」

なるほど。社債で調達した方が安いということですね。ちなみに起債の日程は規模は不明、近いうちに実施されるとアナリストは予想しているようです。

S&Pは『最上級より1段階低い「AA+」の格付けを付与。ムーディーズ・インベスターズ・サービスも同等の「Aa1」を付与』とのこと。


次はアップル株価、半年の推移。
Apple Inc.: NASDAQ:AAPL quotes & news - Google Finance

以下、気になった部分を抜粋。
  • 過去の初起債ではマイクロソフトが09年5月に37億5000万ドルを「トリプルA」で調達、グーグルが11年5月に「ダブルA-」で30億ドル、半導体大手のインテルが11年9月に「シングルA+」で50億ドルをそれぞれ調達している。(WSJ.com
  • ブルームバーグの集計データによると、アップルより高い格付けのマイクロソフトとジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、エクソンモービル、オートマ ティック・データ・プロセッシングの4社は、合計で420億ドルの負債を抱えており、自己資本に対する比率は約13%。アップルは170億ドル強を借り入 れても、負債比率を4社より低い水準に維持できる。(SankeiBiz


Apple (日本) - Apple Press Info - Apple、資本返還プログラムを2倍以上に拡大
Apple (日本) - Apple Press Info - Apple、第2四半期の業績を発表


米アップルが、初めての社債発行へ―応募殺到か - WSJ.com


アップル、無借金経営返上 株主還元資金を社債発行で調達 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

過去の記事一覧