2008年10月22日水曜日

The Apple Way、本: ジョブズはなぜ天才集団を作れたか

このエントリーをはてなブックマークに追加    


ジョブズはなぜ天才集団を作れたか (講談社BIZ)

ふとAmazonに訪問したらお薦めされたのがこの本。
へぇ〜、またジョブズ本が出るんだと発売日をみたら8月28日とのことで既に発売されてる〜と思った次第。

ちなみに目次は以下の通り、

日本語版への序文 ——「iポッド」を生んだ戦略は、実は日本流

序章 二つのデビュー
第1章 驚異と利益率
第2章 未来を見つけろ!
第3章 誰もが息を呑むような製品を作れ!
第4章 家宝は守りぬけ!
第5章 友人とは仲良くするべし。ただし、時には冷たくせよ
第6章 約束を破ってはならない
第7章 信者を育てろ!
第8章 商品は、きちんと店に並べろ
第9章 クール・イメージを、どう守るか?
第10章 悪役(ヒール)どもをやっつけろ!
第11章 けっきょくはリーダーが会社を決める
第12章 プランは、きちんと立てるべし

となっているようです。さらにAmazonの内容紹介では、
「スティーヴ・ジョブズの下で働くことは麻薬的な経験だった…」
非エリートで二流エンジニア、最悪の上司と呼ばれた経営者と、彼が率いる「戦略なきカウボーイ的組織」が世界を制した秘密とは?
iPodとiPhoneをはじめとする爆発的な成功は、なぜ生まれたのか?

・未来を見つけ、それを現代に届けろ
・どこまでも自分のテイストに従うべし
・デザインが機能を決定する
・ライバルからの提案には耳を傾けよ
・アイディア+人材+戦略+資金=未来の大成功
・技術オタクには親切に(ただしマーケティングはさせるな)
・完全な敵対関係は避けよ
・土地勘のない分野に手を出すな(ただし天才経営者は除く)
・意味のない完全主義に気をつけよ

……などなど、21世紀の覇者となった企業アップルと天才ジョブズに学ぶ、最もクールで最もイノベイティブ(革新的)なビジネスの教訓!
とのことです。ジョブズに学ぶビジネス書ということですか。

個人的には「一週間で覚える、ジョブズの現実歪曲空間のつくりかた」というビジネス書というか自己啓発書が読んでみたいところです。

ジョブズはなぜ天才集団を作れたか (講談社BIZ)

ジョブズはなぜ天才集団を作れたか
ジェフリー・L・クルークシャンク
講談社





アップル関連書籍のエントリ

本: 林檎の樹の下でーアップル日本上陸の軌跡
本 :WindowsでMacを動かす本 の内容
本: Inside Steve's Brain が届いた
本: レボリューション・イン・ザ・バレー(追記)
本: iPodをつくった男
Stay hungry, Stay foolish -全地球カタログ- について
Appleの文献を書くために読む本
本:マッキントッシュ物語 -僕らを変えたコンピュータ-

過去の記事一覧