2013年12月31日火曜日

今年使って大満足だったもの 2013年版

このエントリーをはてなブックマークに追加    


Best Device Gadget 2013

どうも。トブ iPhoneのトブ(@tobu1)です。
2013年も終わり。今年もいろいろなガジェット・デバイスを購入しました。

年末恒例の今年買ってよかったものをまとめてみます。

ライフスタイルを考える切っ掛けに:UP by Jawbone
まず発売日購入のライフログ・リストバンド。自分の普段の生活を見直す切っ掛けになるデバイスでした。

iPhoneアプリを使って食事の記録をとることで生活改善の機会になったり、続く『Fitbit Flex』 と比較することで、ライフログやウェアラブル・デバイスで必要なこと、未来のデバイス像がみえてきました。

話題のライフログ リストバンド『UP by Jawbone』購入。開封とセッティング | トブ iPhone

『Fitbit Flex』日本未発売のワイヤレス・ライフログ・リストバンド購入、開封と装着感など | トブ iPhone



音楽:USB DACとスピーカー、イヤホン、Audirvana
いくつかは昨年12月購入も、実質的な運用は今年。USB DACとスピーカー、イヤホン、ヘッドホンを購入。さらにAudirvanaを購入して、いくつかのハイレゾ音源を購入してみました。

今はGENELEC 6010をスピーカースタンドにのせてベストポジションに。かなり満足度の高い買い物でした。

Macで良い音を聴くためにUSB DAC『NuForce Icon-uDAC2』を購入 #RetinaSound | トブ iPhone

スピーカー『GENELEC 6010』購入、ジョブズも愛用したGENELECとは #RetinaSound | トブ iPhone

高音質音楽再生アプリ『Audirvana Plus』セールと使い方、設定などのリンクまとめ | トブ iPhone

SONYの本気ヘッドホン『MDR-1R』を購入! #RetinaSound | トブ iPhone



iPad mini 車載システム:リヒターとAirCast
2012年末の iPad mini 発売により車載を検討することに。無線化と簡単な脱着が可能に。社内での音楽・Podcast担当システムに。

すでに iPad mini はRetinaになり、駐車中の動画再生システムでも活躍するように。iPad AirとiPad mini Retinaの購入では迷いましたが、車載を考えると mini が適任でした。

iPad miniとiPhoneを車載するとっても便利な組み合わせ、独リヒターシステムと米Belkin AirCast(動画あり) | トブ iPhone



モバイルオフィスになるバッグ:ひらくPCバッグ
気になっていた「ひらくPCバッグ」が新しくなり購入。自立すること、ファスナーを開くと倒れるふたが特徴。

フリーアドレスの職場や喫茶店ではもちろん、車の助手席においての作業で大活躍しました。もう一つ購入を検討中。今予約しても4月納入という人気も頷けます。

改良された「ひらくPCバッグ」オリーブグレー購入、そして実際に試してみた | トブ iPhone



MacBookの味方:ソフト・ハードケースとパームガード
今年はMacBook Air 11" と MacBook Pro 15" の2台を購入しました。年間150日のホテル宿泊と移動にMacBookを持ち出すので、できるだけ快適なMacBook運用を。

ハードケースとソフトスリーブで持ち運びが安心に。夏の汗と冬の冷たさを防ぐパームガードは、これまでのを剥がして運用しました。

ついに決着!MacBook Pro 15" Retina用ハードケース『SmartShell』とソフトスリーブ『Book Sleeve』の併用問題 | トブ iPhone

汗や冷たいを防ぐ MacBook に貼る『moshi Palmguard』がおすすめな理由(パームレスト保護シート) | トブ iPhone



超小型の無線LANルータ:ちびファイ2
ホテルで便利だったのがこれ。有線LANアダプタにもなる無線LANルータ「ちびファイ2」には非常にお世話になりました。

今どき無線LANのホテルでしょ!という考えは禁物。無線LANは混線の可能性もあったり、ホテルが適切な設定にできてないことも沢山経験しています。個人的には無線LAN環境もありつつ、有線LAN環境も用意されているホテルが一番安心です。

USBアダプタにもなる無線LANルータ『ちびファイ2』は最終進化形かもしれない | トブ iPhone



カメラ:GRとワイドコンバージョンレンズ
今年最も買ってよかったと思うのが Ricoh GR。建築に興味がでてきたこともあり、常に携帯できるAPSC画質というのは便利かつ満足度の高い写真を残すことが出来ました。

APS-Cセンサー搭載『Ricoh GR』を購入、開封およびGRD2やGX1との比較インプレ | トブ iPhone


ブログでは未紹介ですが、「GR用ワイドコンバージョンレンズ GW-3」も購入。普段はGRとGW-3を常にひらくPCバッグに用意。気になる画質はGRだけで軽量コンパクトに。広角がほしい場面ではGW-3を付けてという運用がお気に入りです。

 

カメラ:Lumix GX7 と軽量コンパクトな超広角レンズ
2013年はMacBookを2台買った上に、カメラを2台買うという大出費の年に。これまで使っていたのはGX1。GX7では、画質向上した上に手ブレ補正、可動式モニター付きになりました。

またGRと同じく建築や景色を撮るためにさらに広角なレンズを物色。7-14mm F4.0と迷いましたが、扱いやすさから「OLYMPUS 9-18mm F4.0-5.6」を選択。

特に夏の瀬戸内国際芸術祭で大活躍しました。離れる必要なく、全体が表示できるレンズは便利です。長期的な閲覧環境を考えたときのメリットもあり、超広角レンズという選択肢はオススメです。

豊島美術館と家キッチンで癒された。1.豊島編:瀬戸内国際芸術祭2013夏 2泊3日の旅 | トブ iPhone


*     *     *

以上。2013年に使って特によかったデバイス・ガジェット類でした。

Mac2台、iPhone、iPad mini が入ってませんけど、生活を変えたという意味では上記のデバイスのほうが上でした。

2014年も快適な環境を目指してガジェット道を進んでいきます。




   


過去の記事一覧